MENU

 

メニュー

 

2017年度のエロ電話コミュニティー市場動向を予想します!

 

2017年のエロ電話とツーショット市場動向を予想

 

皆様、明けましておめでとうございます。

 

MIUのエロ電話倶楽部は今年で2周年を迎えました。これも皆様の応援や激励のお陰です。

 

2017年も引き続きエロ電話市場の発展の為に頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

新年一発目の更新は、2017年のエロ電話&ツーショットダイヤル市場の動向について色々な予想を行いたいと思います。

 

女の子達のエロ電話需要は確実に増加するでしょう!

女の子達のエロ電話需要は確実に増加するでしょう! 我々男性エロ電話ユーザー達が快適にエロ電話を楽しめる理想の環境とは?

 

私は間違いなく

女性達のエロ電話需要が増加する事

であると確信しています。

 

男性側が女の子とエロ電話したいのに相手がいなければ話になりませんし、エロ電話というのは性癖や声質の相性などで快楽レベルが全く異なって来ますから、エロ電話を楽しむ女性が増えれば増える程に男性にとっても好ましい環境であると言えます。

 

幸いな事に、エロ電話の女性需要はスマホが普及してLINEやカカオトークなどの無料通話アプリが連鎖的に普及すると、比例するように女性のエロ電話需要も増えて来ました。

 

その勢いは凄まじく、2013年~2015年辺りはこれまでエロ電話なんて全く興味が無かった女の子までエロ電話に興味を持つ子が出て来ました。

 

理由は実にシンプル。無料通話アプリを利用して彼氏や男友達などが

「エロ電話しよう!」

と誘ってくるからです(笑)

 

好意を持つ男性からエロ電話を持ち掛けられた女の子達は絶対にNOとは言いませんよね?もちろん未経験な訳ですから最初は「何それ~」「そんなのやった事ないから出来ないよ」と軽く拒否しますが、言われた相手が好きな男であれば結果的にエロ電話を楽しむ流れになります。

 

そして2015年の後半から2016年に掛けては、女性達にとってエロ電話という行為はもはやイレギュラーな遊びではなくなりました。

 

オナニーする時のオナネタとして楽しむ子も増えましたし、彼氏やセフレなどとのエロ電話に慣れた女性達の中には

「違う男とエロ電話してみたい」

という気持ちが出て来て、結果的にツーショットダイヤルが盛り上がったという動きが見られたのです。

 

2017年はある意味で、エロ電話を楽しむ

女性達の底上げが行われる年になるでは?

と私は予想しています。

 

これまでは、エロ電話を楽しみ始める女性の殆どは彼氏や友達などに直接誘われて経験する子が多かった。しかし、これだけエロ電話が一般的になりツーショットダイヤルが人気化した今となっては、ネットなどの情報から「エロ電話」について興味を持つ女性も確実に増えています。

 

そのような女性達が新たにエロ電話ユーザーとなり始める。この流れこそが2017年という年だと私は感じています。

 

また、今までは20代~30代前半、一部のテレクラ世代の女性達が主な新規エロ電話ユーザーとなっていたのですが、2017年はそれ以外の年齢層の女性達も多くエロ電話を始める筈です。

オナネタとしてツーショットダイヤルを使う女性が増える!

オナネタとしてツーショットダイヤルを使う女性が増える 上記でも少し触れましたが、エロ電話をオナネタとして利用する女性と言うのはかなり増えています。

 

これは

男性に比べてオナネタが少ない女性ならでは現象

だと言えるでしょう。

 

最近ではエロ動画でも女性向けAV作品などが発売されていますし、今時の若い子が好みそうなスタイリッシュなローターやバイブなども発売され、女性向けのオナニーグッズやオナネタは飛躍的に増えています。

 

そうなると

エロ電話も女性にとってのオナネタの候補として選ばれる

のは間違いありません。

 

実際にツーショットダイヤル番組などでは、女の子がオナニーする為に積極的に利用するという流れも当たり前のようになって来ています。

 

また、女性にとってのオナニーという行為は一般的に非常に恥ずかしい行為であり、彼氏やセフレなどに「今からオナニーするからエロ電話の相手になって」などと気軽に伝えるのはまだ抵抗があるという子が圧倒的に多いです。

 

しかし、ツーショットダイヤルであれば電話が繋がるのは見ず知らずの男ですから、女性にとっても

気軽な相互オナニー相手探しの場所

として利用しやすいというメリットがあります。

 

このような流れから、2017年のツーショットダイヤルは女性オナニストが爆発的に増え、男性にとっては気軽に刺激的なエロ電話が楽しめる環境が整うのではと予想しています。

ツーショットダイヤルは新規女性を狙うのが色々と美味しい!

ツーショットダイヤルは新規女性を狙うのが色々と美味しい 続いて2017年のツーショットダイヤルを利用する際においての女性探しのコツについて述べたいと思います。

 

エロ電話を楽しむ上で女性選びというのは非常に重要な作業となるのは皆様も既に熟知していると思いますが、2017年のツーショットダイヤルには上記でも述べましたが

女性ユーザー数の底上げが起こる

年になると思います。

 

そこで狙い目になるのが、既にツーショットダイヤルを経験した常連女性ではなく

新規で利用し始めた女性ユーザー

だと私は断言しておきます!

 

恐らく、反対意見を持つ方も多いと思います。

 

エロ電話というのはある程度の慣れが必要ですし、女性にとって初めてのツーショットダイヤル利用というのは緊張しますから、男性にとっては面倒に思う方もいるでしょう。

 

しかし!ツーショットダイヤルにおいての新規登録女性と言うのはそれ以上にメリットが多い女性層であると私は思います。

 

エロ電話に慣れていないという女性はある意味で

セックス経験の無い処女

のようなものです。

 

自分の性癖を押し付けても相手にとってみれば「初体験」ですから、拒否することなく受け入れてくれる子が多い。つまり、自分がしたいプレイを思い切り調教することが可能ですし、中長期でエロ電話を教えて行けば

自分色の女にする事ができる

のです。

 

また、ツーショットダイヤル経験の少ない女性は押しに弱いという特徴があります。この特徴を活かせばゴリ押しのナンパも可能ですし、エロ電話友達から一気にセフレ化できるチャンスも慣れた女性よりは圧倒的に多いという素晴らしいメリットがあります。

 

このようにツーショットダイヤル新規女性ユーザーというのは実は男性ユーザーにとって美味しい思いが出来るチャンスなのです。ですから、エロ電話が下手であっても邪険に扱わずに紳士的にリードして、自分色の女に染めて行きましょう。

ツーショット番組では女性との目的マッチングが攻略のコツとなる!

ツーショット番組では女性との目的マッチングが攻略のコツとなる 2017年のツーショットダイヤルでは女性ユーザーの底上げと新規の女性利用者が増えると言いましたが、そこで1つだけ問題が発生してしまいます。

 

それは、女性ユーザーが増えると結果的に従来のツーショット番組にはいなかった

「新しい目的」で利用する女性も出て来る

という点です。

 

実は、この動きは2015年あたりから各ツーショットダイヤル番組において顕著に見られていた特徴でもありました。

 

昔のツーショットダイヤルというのは基本的にテレクラのような大人の出会いを楽しみたいという女性と、エロ電話目的の女性の2通りのパターンくらいしかいませんでした。

 

しかし、スマホが普及し出会いアプリやソーシャルメディアなどのコミュニティーが数多く運営される状況となると、

単なる暇つぶし

 

雑談目的

 

恋活や婚活

 

パパ活や愛人探し

 

趣味の共有

など、今までにはない目的を持った女性までもがツーショットダイヤルに流入するという事態になったのです。

 

この流れは2017年も途絶えることはないでしょう。

 

むしろ、更に新しい目的を持った女性達がツーショットダイヤルを利用する可能性の方が大きいくらいです。ですので、我々男性達はツーショットダイヤルで女性探しをする時は

目的マッチング

にかなり力を入れなくてはなりません。

 

この目的マッチングですが、重要なのはツーショットダイヤルで女性と電話が繋がった後の「雑談トーク」にあります。まずは女性との会話を出来るだけ盛り上げることが重要です!そして、徐々に自分の目的を相手に伝えて行き反応を見るのです。

 

2017年のツーショットダイヤルで勝つ為には「目的マッチング」が攻略のカギとなるでしょう!

ニュータイプのエロ電話コミュニティー番組が登場する

ニュータイプのエロ電話コミュニティー番組が登場する 今年の予想として最後に大胆な予想を挙げておきたいと思います。

 

それは、既存のツーショットダイヤル番組に加えて、新たな

ニュータイプの電話コミュニティーが続々とオープンするのでは?

という予想です。

 

実は、この予想は2016年の電話コミュニティーの動きから予想しています。当サイトでも紹介しました「VI-VO、人妻TSUBAKI、EAZY」この3つの電話コミュニティーですが、この3番組こそがニュータイプのツーショットダイヤル番組のプロトタイプに当たるのでは?と私は考えているのです。

 

上記の3番組は基本的にツーショットダイヤルと同じような電話コミュニティーとしての使い方が出来ます。しかし、それだけではありません。音声通話に加えて

出会いアプリ

 

ライブチャット

 

アダルトSNS

の要素が盛り込まれているのです。

 

ある意味でアダルト業界におけるコミュニティーや映像コンテンツの美味しい所を全てミックスしたような番組。この流れこそがニュータイプのツーショットダイヤルの原型となるのでは?と私は感じているのです。

 

どのような形で新しいツーショットダイヤルが登場するのかはまだ分かりません。しかし、これだけツーショットダイヤルやエロ電話の需要と認知度が高まった現在において、新たなビジネスチャンスを狙って進化型のツーショットダイヤルが登場する可能性は十分にあると私は強く感じています。

まとめ

まとめ 如何だったでしょうか?

 

かなり確定路線の予想から大胆な予想まで色々と書いてみましたが、2017年はエロ電話市場は

間違いなく拡大路線を辿る

と思いますし、ツーショットダイヤルを新たに利用する女性ユーザーも爆発的に増えると私は感じています。

 

エロ電話マニアにとって2017年はチャンス

 

この動きは我々のようなエロ電話マニアな男達にとっては確実にチャンスだと思いますし、今までに経験したことのない新しい楽しみ方にチャレンジしてみるのにも最高のタイミングだと思います。

 

当サイトでは引き続き皆様にとって為になる情報や攻略法、最新エロ電話ニュースなどを情報配信して行きますので、2017年も引き続きMIUのエロ電話倶楽部を宜しくお願いします。

 


PAGE TOP