MENU

ツーショットダイヤル番組における「サクラ女」の存在と見分け方

当サイトのようなツーショットダイヤル情報サイトを運営していると、こんな質問が山のように毎日届きます・・・

 

その質問とは

ツーショットダイヤルにサクラはどれくらいいるのか?

 

あの番組はサクラばっかりで使えないじゃないか!

 

サクラの見分け方を教えてくれよ!

などなど。

 

もう、毎日5件くらいは「サクラ」に関する質問メールやコメントを頂きますね。その度に私は、過去の経験や現状を踏まえた状況を細かくメールやLINEで返信する日々・・・いい加減、細かく返信するのにウンザリして来てしまいました(笑)

 

ツーショットダイヤルにおけるサクラの有無と見分け方

 

ですので、今回はツーショットダイヤル番組におけるサクラの有無やサクラの見分け方について詳しく解説して行きたいと思います。

 

単刀直入に言いますと

ツーショットダイヤル番組にサクラはいます

衝撃を受けた方も多いと思いますが安心して下さい(笑)

 

私が言いたいのはサクラというのは「出会い」や「コミュニケーション」が楽しめる機能が付いているサイト(番組)やサービスでは絶対に一定数の割合で存在していなくては逆におかしいのです。

 

人が集まるサービスだからこそ、その人の集まり具合に目を付けた業者や個人などが「サクラ」として登録し、何らかの目的で利用者に迷惑を掛ける。これは人と人を繋ぐコミュニケーションサービスにおいて絶対に避けて通れない道でもあるのです。そして、ツーショットダイヤルもその例外ではありません。

 

という訳で、今回はツーショットダイヤルのサクラに関する様々な情報を下記に「目次別」で解説して行きますので、気になる箇所を読んでサクラを攻略しましょう!

 

サクラの特徴と対処法

ツーショットダイヤルにおけるサクラの特徴ですが、これを語る前に頭に入れておいて欲しいことがあります。

 

それは、ツーショットダイヤルのサクラは大きく分けて2種類存在するという事です。

 

1つ目はツーショットダイヤル番組自体が

コッソリとサクラ女性を起用しているケース

です。

 

このケースのサクラ女性は最近のツーショットダイヤルではかなり少なくなってきてはいますが、やはり番組を盛り上げる為に運営側がサクラを起用しているケースは少なからず存在します。

 

対処法に関しては実はかなり簡単。サクラ女性の多くは男性会員と会話した時間に応じてお小遣いが稼げる仕組みになっていますので、明らかに会話を引き伸ばしてくるような女性はサクラと疑うべきです。

 

こちらが、エロ電話を求めているのになかなか雑談話を終わらせてくれない女性や、何度もこちらの質問を聞き返してくるような女性は高確率で時間稼ぎをしているサクラ女である確立が高いので、「おかしいな?」と感じたら直ぐに電話を切って次の女性を狙って行きましょう。

 

2つ目はツーショットダイヤル番組以外の

「業者や個人」による事実上のサクラ

です。

 

こちらは最近増えて来ており、業者の場合は会話が盛り上がると他の出会い系やチャットアプリなどに誘導して来て「そっちで親密な会話をしよう」などと持ち掛けてくるのが特徴的です。

 

こちらの対象法としては、とにかく怪しい外部コミュニケーションツールに誘われても無視する事です!ツーショットダイヤルは完全2人きりで会話できるコミュニティーなのですから、外部ツールを利用する必要性はありませんからね。

 

また、個人の女性が自らサクラとなっているケースもあり、その場合の多くはキャバ嬢の営業活動やマルチ商法や詐欺的な情報ビジネスへの勧誘を目的としているケースが多いです。

 

そして、サクラが個人女性のキャバクラやマルチビジネスなどの誘導だった場合も徹底的に無視する事!決して興味が沸いてもその話は確実に「あなたにとて不利益な話」であるのは間違いありませんので、絶対に相手にしてはいけません。

サクラ女の見分け方

続いては、全体的なツーショットダイヤルのサクラ女の見分け方について詳しく切り込んで行きます。

 

まず、一番簡単な見分け方としては相手の女性がとにかく

会話を引き伸ばしてくる

ケース。

 

これは明らかに不自然ですので、何分会話しても「一向に会話が進まない」なんて場合はサクラだと疑って早めに電話を切るべきです。

 

特に、こちらの会話を聞かずにコロコロと自分の好きな会話ばかりをして来る女性はかなりサクラである確立が高いので要注意です。

 

次に会話自体は盛り上がっているのに、LINEやカカオトークなどのID交換を頑なに断ってくる女性の存在。このケースもサクラ女と疑う必要があるでしょう。

 

何故なら、最近の素人女性の間ではLINEやカカオトークのID交換は誰とでも気軽にやり取りするツールとして認識されています。これを拒否するという事は何らかの理由があってID交換できないと考えるべき。

 

特にカカオトークIDは素人女性達の間で秘密の出会いを楽しむ上では定番のツールとなっていますので、カカオID交換すら出来ない女性はサクラである確立が高いと疑っていきましょう。

 

基本的にツーショットダイヤルでサクラ女と会話していると、多くの場合は「イライラ」感じる事が多いです。

 

この理由は非常にシンプルで

お互いの目的が全く一致していない

からです。

 

女性は男性を騙して自分の利益を優先する事を目的としている。逆に男性は女性とエロ電話したり出会いたいと思って会話している。

 

これでは会話が噛み合わないのは当然です・・・

実は会えるサクラの存在

これは、昔からツーショットダイヤルを利用しているナンパ師さん達の間でかなり有名な話ですね。

 

ツーショットダイヤルを運営する番組が密かに雇っているサクラ女性ってのは

出会える確立が高い

のです。

 

は!?嘘だろそんなの!と感じる方も多いと思いますが、私も過去にツーショットダイヤル番組を使ってサクラ女性と会えた経験ってかなり多いですからね(笑)

 

実際にサクラ女性との出会いに関しては、出会った後にその女性が

実はサクラだったと暴露してくる事が多い

のが特徴的です。

 

ツーショットダイヤル番組のサクラ募集ってのは、あまりオープンに求人募集をしていないようで、多くはクチコミなどで集めることが多いと聞きます。

 

何故、サクラとして働く女性が逆に出会えるのか?疑問に思う方も多いと思いますが、実は下記のようなカラクリがあるらしいのです。

 

多くのツーショットダイヤル番組ではサクラ女性に対して運営側から厳しく

男性会員とは絶対に会ってはならない

というルールを提示される事が多みたいなのです。

 

サクラ女性は自分の携帯やスマホから好きな時にサクラとして活動する事が出来ます。給料は男性と会話した分だけ歩合制として入る仕組み。全ての番組がそのような給料形態ではないとは思いますが、私が出会ったサクラ女性から聞いた話では、このような仕組みと言っている子が多かったです。

 

そして、サクラ女性の多くは、仕事を始めた直後は真面目に男性会員との会話をなるべく長引かせ、サクラとしての任務を全うする為に努力するらしいのです。

 

しかし、ツーショットダイヤルのサクラというのは長く続ければ続けるほど辛くなってくるみたいなんですよね(笑)ある意味でサクラとしてツーショットダイヤルを利用するのは単純作業の繰り返しになりますから、とにかく飽きてくるらしいのです。

 

そうなると、女性は本来のサクラとしての活動が中途半端になり

純粋にツーショットダイヤルを楽しむ

ようになるなって来るらしいのです。

 

私が出会ったサクラ女性の多くは、サクラとしての活動と遊びを半々に楽しむ事が多いと言ってましたね。自分の好みではない男性会員に対してはなるべく会話を引き伸ばしてサクラとして活動する。

 

しかし、その一方で会話が楽しかったり性格がマッチしていたり、テレフォンセックスが盛り上がった!なんて男性に対してはコッソリと会ってしまうらしいのです(汗)

 

まあ、男性側からしたら「けしからん!」と思う方もいると思いますが、サクラなんてのは出会いコミュニティーと名が付くコンテンツなら少なからず存在しているものです。

 

それに、出会い系などと違いツーショットダイヤルは直接女性と電話して楽しめるコンテンツです。

相手は確実に女性だというメリット

がありますので、ツーショット番組のサクラ女性に関してはあまりネガティブに捕らえずに、逆に口説いて逆釣りしてやろう!くらいの意気込みで利用すべきだと個人的には思います。

 


PAGE TOP