MENU

エロ電話と伝言ダイヤルを両方同時に使いこなすテクニック講座

 

エロ電話と伝言ダイヤルを両方同時に楽しむ

 

今回は、普段ツーショットダイヤルのツーショットコーナーばかりを利用してエロ電話を楽しんでいる方に対して

オススメの伝言ダイヤル活用法

についてお話ししたいと思います。

 

伝言ダイヤルと呼ばれる機能は大抵のツーショット番組に用意されている機能です。

 

しかし、女性と2人きりでお喋りできる生電話を楽しむことは伝言ダイヤルでは出来ません。その代わりに、男女が自由に異性へ向けてメッセージを投稿できる出会い系サイトのようなやり取りが楽しめます。

 

このようなシステムから伝言ダイヤルはツーショットダイヤルでエロ電話を目的としている男性には

敬遠されがちという構図

が昔から成り立っています。

 

しかし、私はそんなエロ電話目的の男性も伝言ダイヤルを利用する価値は十分あると考えているのです。

 

何故なら、伝言ダイヤルというのはリアルタイム性がないコンテンツである特性を上手く活かせば、ツーショットコーナーと同時利用することが出来るからです。

 

つまり、自分がエロ電話している時でも、

他の女性達にアプローチを仕掛けることが出来る

のです!

 

これを実践するには、伝言ダイヤルのメッセージ投稿機能を利用します。

 

この投稿機能の説明をする前に、伝言ダイヤルの基本的な使い方についても説明しておきましょう。

伝言ダイヤルの使い方は大きく分けて2つあります。

1つ目

女性達が男性会員に向けた伝言メッセージを聞いて、気に入ったメッセージに対して返信してコミュニケーションを楽しむ使い方です。

 

非常に出会い系に似ているコンテンツだと言えるでしょう。メールやチャットの音声バージョンと思って頂ければ分かりやすいかもしれません。

 

男性側は女性達から投稿された音声メッセージを聞くだけですので非常に手軽に楽しめるコンテンツだと言えるでしょう。使い方も簡単で、伝言ダイヤルコーナーへ行き「女性からのメッセージを聞く」というコーナーに対応した番号をプッシュするだけです。

2つ目

は男性が女性会員に向けて伝言メッセージを投稿して返事を待つという使い方です。

 

1つ目に関しては自分が女性からのメッセージを聞かなくてはなりませんから、他の事を同時に行うのは不可能です。ですから、こちらは使えません。

 

しかし、2つ目の男性から女性へメッセージを投稿するという行為については、エロ電話をする前に伝言メッセージを投稿しておけば後は女性からの返事を待つだけですので、エロ電話を楽しんでいる時間を待ち時間にすれば

問題なく2つの行為が同時に楽しめる

のです。

 

ハッキリ言って、これを使わないのは余りにも勿体無いことであると言わざるを得ません!

伝言ダイヤルはエッチな釣り堀です

 

同時に女性を釣ってチャンスを高める

 

伝言ダイヤルは釣り堀だと考えて下さい。

 

池の中には美味しい魚がウヨウヨ泳いでいます。

 

エロ電話をしているという行為は、ある意味でその

一匹の魚を釣り上げるのに必死になっている

感じです。

 

しかし、一匹の魚を食べる前に、更に他の釣り竿を1本2本と用意しておいて、池に垂らしておいたらどうなるでしょうか?

 

一匹と格闘している間に、

次の魚が食い付くかもしれないチャンス

が出てくるのです。

 

明らかに効率的ですよね?

 

あなたがやる事はシンプルです。何時のようにツーショットダイヤルを利用してエロ電話する前に少し伝言ダイヤルに寄り道します。

 

そして、あなたが求めている女性に対して伝言メッセージを考えて録音して投稿します。

 

この伝言ダイヤルのメッセージ内容については特に制約はありません。あなたが女性に求めている事を録音してメッセージ投稿するのが一般的な使い方となりますので、あなたが求めている女性にピッタリのメッセージを考えましょう!

 

後は自由の身です(笑)

 

普段通りにツーショットコーナーを利用して

エロ電話を楽しめば良い

のです。

 

その子とのプレイが終わりましたら、伝言ダイヤルにメッセージが返ってきているかどうかを確認して返信メッセージを返して行きましょう!

 

伝言ダイヤルに録音するメッセージがどうしても思い浮かばないという方は、、エロ電話が好きの方でしたら今キープしているエロ電話友達以外の新規パートナーを募集するという目的なんてどうでしょうか?

 

逆に、伝言ダイヤルではエロ電話目的から反れて、敢えてセフレなどの出会いを募集してみるなんてのも伝言ダイヤルならではの使い方だと言えます。

 

とにかく、この手法はツーショットコーナーでエロ電話をするだけというツーショットダイヤルの使い方に比べて、

女性とのマッチング率を桁違いに高めてくれる

メリットがありますので是非とも実践してみて下さい。

 


PAGE TOP