MENU

ツーショットダイヤル出会いは「お互いの顔や体が見えない」点がメリットなのです

ツーショットダイヤルは女性(異性)とのやり取り全てに電話機能(音声通話)を利用します。

 

つまり、自分とターゲットとなる異性との間では

お互いの声と会話だけを頼り

にして出会うまでの道程をクリアしなければなりません。

 

ここで質問です。

 

あなたは、この一連の流れに対して難しそうな行為、面倒な行為、非効率的な方法などネガティブに捉えますか?

 

ツーショットはお互いの顔や体が見えないから会える

 

恐らく、既存のツーショットダイヤル利用者で使い込んでいる人ほど逆のポジティブな考え方を持っており、ツーショットダイヤル初心者の方ほど上記のようにネガティブに捉える方が多いと思います。

 

私の経験上から言わせて頂くと、ツーショットダイヤルを使って自分の声と会話だけで女性を口説ける環境というのは

 

間違いなく

ポジティブに捉えるべき

だと思います。

 

逆に、口説くターゲット女性と直接対面する

路上ナンパ、合コン、街コン、お見合いパーティー

などの方が、男女の出会いの場としては多くの男性にとって不利でありネガティブな出会いの場所だと感じます。

 

だって、初対面の男女が出会いを求める上記の出会いの場では

殆どの女性が男性の顔や容姿を最優先に選びます

からね。

 

よく、テレビやメディアの街頭インタビューなどで素人女達が「恋人にするなら顔より中身を重視します!」なんて言い放ちますが、大嘘ですからね!?そんな女性は100人に3人いれば良い方でしょう。

 

間違いなく女は初めて会う男は、好みの顔や体型で選びます。もしくは、相手の懐具合が事前に分かっているケースだと「金」で選びますからね。

 

つまり、対面式の出会いの場において、殆どの女達は

男をイケメンであるか金持ちであるかで

良し悪しを判断するのです。

 

これは、日本人男性の殆どの方に不利に働く出会い環境だと思いませんか?街中を歩いていても竹野内豊やキムタクみたいな男は殆ど歩いてません。

 

残念な話で、殆どの日本人男性は芸能人やイケメン俳優からしてみれば良くて「中」大抵の男は「中の下か下の上」というレベルなのです。

 

それに、今の日本は資本主義の末期ですから、金を持っている20~50代の男性なんてほんの一握り。殆どの男性が生活に不安を持っており下手すれば貧困層に陥っているケースの方もゴロゴロしている状況。

 

話を戻しましょう。

 

ツーショットダイヤル番組は

全ての男性に平等に出会いのチャンス

が広がっています。

 

自分の声と会話どちらかが良ければ女の子を口説く事ができますし、事前にお互いのルックスが分からないからこそ出会った時に性格が抜群にマッチするなんて事も多いです。

 

多くの女性が真っ先に求めるルックスや金持ちなどの条件は一切度外視した状態で、女性を口説けるというメリットがあるのです。

 

これは、間違いなく多くの男性にとって好環境な出会いのチャンスである事は明らかだと思いませんか?

 


PAGE TOP