MENU

 

メニュー

 

2016年現状の「男と女」出会い需要のギャップについて

気がつけば2016年も2月の後半になりました。

 

確定申告やら、次の仕事や学校への準備などで忙しくしている方も多いでしょう。

 

さて、そんな節目でもある2月から4月初め辺りの時期ですが、我々のようなエロ電話やエロい出会いを追い求めている男達は絶対に行動的になるべきです。

 

2016年現在の男女間の出会い事情

 

この時期は

1年に1回あるかないかの出会いのチャンス

がゴロゴロしている時期でからね!

 

春は出会いの季節です。

 

多くの方が新しい職場や学校など、急激な環境の変化に直面します。新入生歓迎会や新入社員歓迎会などが街中で行われますし、合コンや飲み会なども比例して盛んに行われる時期となります。

 

私は、上記のような春の出会い特需に加えて、2016年現在の男女間における

出会い需要のギャップ

にも注目すべきだと思っています。

 

この男女の出会い需要のギャップとは、簡単に言えば男に積極的になる女性の増加と女性に消極的になる男性の増加です。

 

この関係性は、2013年辺りから日本の多くの男女間の関係の変化として徐々に現れて来ました。

 

確実に男性より女性の方が積極的に異性を追い求めるようになり、相対的に男性が消極的に見えるようになりました。

 

そして

肉食女子と草食男子という言葉の定番化!

 

上記のような男女関係に関する男女の意識のギャップの差が明確に現れている事を「肉食女子」「草食男子」という言葉が完璧に証明したと確信しています。

 

そして2016年現在。女性から動いて男性にアプローチして付き合ったりセフレ関係を求めるのは、20代から30代の女性達の間ではもはや当たり前とも言える行動になっていると感じます。

 

一昔前の、お見合いや合コンなどのバラエティー番組では、男が女を誘ったり告白するが当たり前だった。とんねるずがで司会をしていた「ねるとん紅鯨団」なんてのはその象徴だったと思います。

 

しかし今は真逆なのです・・・

 

ナインティナインが司会の人気番組「ナイナイのお見合い大作戦!」では、多くの婚活女性が少数の男を取り合うスタイルが定番化されましたし、他の婚活などを題材にしたバラエティーでも女性が男性にアプローチするのが当たり前という感じで番組が構成されていますからね。

 

この状況は

出会い系、ソーシャルメディア、各種SNS、ツーショットダイヤル、お見合いパーティー、合コン、街コン

など、多くの出会いコミュニティーやサービスでも当たり前になりつつあります。

 

出会いコミュニティーで女性から積極的に男を探すのが当たり前なのです!

 

エロ電話プレイにしても、最近はLINEやカカオトークの普及によるエロ電話ブームの影響で、女性から男性を気軽にエロ電話に誘うなんてケースも見受けられますからね。

 

我々のようなエロ電話や出会いマニアの男達は絶対にこの状況を追い風として活用すべきでしょう!

 

こちらから女性に対して積極的なアプローチを仕掛けるのは勿論ですが、肉食女子の存在も考慮してツーショットダイヤルなどでは

伝言ダイヤルに男性からメッセージ録音

などをしたりして、女性からの逆ナンパ的な出会いも狙って行くべきです。

 

また、エロ電話だけを楽しんでいる方も仲良くなった女性とはLINEやカカオトークID交換くらいは持ち掛けるべきでしょう!そうすれば、相手が積極的な女性であれば逆ナンパに近いアプローチがあるかもしれませんからね!

 


PAGE TOP