MENU

割り切り出会いを求める女に現金を手渡したら負け犬!

出会い系アプリやLINEやカカオ友達掲示界隈では既に多くの女達が手を染めており、まるでコンビニ感覚で利用する男達がゴロゴロしている

「割り切り」と呼ばれる事実上の売春行為

を指す隠語。

 

別名、援助交際(援交)、サポート(サポ)、お助けなどの隠語で呼ばれる事も多い。

 

割り切り女に現金を渡してはいけない

 

ハッキリ言って、これらの行為は非常ににリスキーな行為であると先に伝えておきたい。

 

そして、これらの割り切りと呼ばれる出会いを求める女達が、我々の聖地でもある

ツーショットダイヤルにまで及んで来ている

とも付け加えておかなくてはならない。

 

今回は、私から皆さんへアドバイスしたい。

 

ツーショットダイヤル番組で電話が繋がった女が金と引き換えにセックスさせると割り切り出会いを持ち掛けられても

現金を支払う行為だけは絶対に控えて欲しい

のだ。

 

この意味は、決してその女とのセックスわ諦めろという意味ではない。

 

むしろ、セックスを狙って行くべきだと私は思う。

 

つまりは、違法行為である現金を渡す売春行為は避け、他の餌を使い割り切り女達との無料セックスを実現して欲しい。

 

方法は驚くほどシンプル。

金ではなく飯で釣るのだ!

売春女が飯くらいで誘いについて来る筈が無いと思う方もいるかもしれないが、それは大きな間違いだ。

 

確かにセミプロと化した売春女に限っては、なかなか飯からのセックスは難しい。頑なに食事の誘いなどはかわしてくるだろう。

 

しかし、最近の割り切り関係を求める女達の女性層というのは驚くほど広いのだ。

 

売春婦以外にも普通の学生からOL、主婦や熟女まで、スマホを使い密かに自分の体を金に換金する手段を知っている女達はゴロゴロしているのが現状だ。

 

セミプロ以外の普通の女達は古い言葉になるが

割り切り出会いに対して非常にファジーな考え

を持っている。

 

簡単に言えば、金が貰えそうな男に対しては割り切りして行こう。しかし、金は無さそうでも楽しく男と会えそうな人の場合は、飯程度を奢ってくれれば最後までOKしちゃう。

 

彼女達の多くは、こんなライトな感覚でツーショットダイヤルを利用しているのだ。

 

だからこそ、極めてリスキーな売春などは絶対に止めて欲しい。逆転の発想で、飯を奢る程度からのライトな関係から最終的にセックスを狙って行けば良いのだ。


PAGE TOP