MENU

オッサンでも出来る!ナンパスポットを徹底解説していくぞ!

ナンパの心得とは?

 

ナンパスポットについて

 

全ての男はナンパをするべきである

全ての男はナンパをするべき 男たるもの、年がいくつになろうが(多くの)オンナを手に入れたいもの。

 

何故ならそれは、男性の遺伝子に組み込まれたプログラムの中でも最も強いものになっているから。

 

もちろん、

「彼女がいようが、妻がいようが、子どもがいようが、オンナが欲しい!」

 

などと格調高く叫べば、社会から非難が轟々と押し寄せて来るだろう。

 

しかし、真実なのだから詮方ないのだ!

 

一方、最近では、

「俺はオンナとかあんまり興味ないなーー。趣味さえ出来れば十分!」

などと抜かす男どもがおるという・・・

 

笑止千万である!!

 

本人は斜に構えているつもりだろうが、ワタシから言わせてもらえば、もはや病気の一種。

 

名づけるなら、

反生物的精神病質

である。

 

精神科にでも行って、男性ホルモンを特盛で注射してらもうのが良いだろう。

 

ここまで言ってもピンと来ない軟弱者の為にもう少し付け加えてみる。

 

例えば、、、諸君は「種馬」をご存知だろうか?

 

要するに、メスに生中出しするのが仕事というドリームカムトゥルーな牡馬なワケだが、

本来「種馬」などという言葉は必要ない

のである。

 

オスは種馬であり、種馬はオス。この二つの間に差異は微塵も無い。

 

そうなのだ!

 

元々、男の価値なんぞは陳子を漫湖にぶっこむこと以外には、皆無と言って良いのだ!

 

そんな事を力説すれば、

「狩りの為や戦争の為には男の・・」

 

「男の論理的思考が科学の発展を・・・」

 

「歴史上、男権社会は・・・」

などと、様々な声が聞こえてきそうであるが、これらの論の全ては塵であり、芥である。

 

事実、そういう側面が無いわけでないが、あくまでも側面であり、ちょっと逆サイドから見れば、男の価値がそこには無いことが浮き彫りになる。

 

これらはただ単に化粧のようなものであったり、生来の目的とは外れた副産物であったりするだけであーる。

 

良いかね??

 

実際に受精卵から胎児への成長過程を見ればわかることなのだが、人間の基本はメスから成る。

 

メスの身体に男性ホルモンをぶっかけて無理やりに作ったのが男だ。

 

ではなぜオスが登場したのか??

 

それは遺伝子の戦略上で止む無く登場したに過ぎないのダ!

 

要するに・・・、

 

陳子を漫湖にぶっこむ為だけに便宜的に登場したのが「オス」という性なのだ!!

 

だからね、いいの!

 

彼女にバレて引っぱたかれようが、妻から離婚を言い渡されようが、周りから白い目で見られようが、オンナを求めることこそが、男に与えられた使命なのよぉぉぉぅ!!

 

というワケで・・・。

 

今回はナンパスポットについて解説していく!

 

若いやつとかイケメンはいいんだよ。どうせイージーモードなんだから適当に食い散らかしてればよろしい。

 

問題は我々のような非モテやオッサンである。

 

我々のような非モテやオッサンは、オンナ獲得に向け、長期戦略を編み、戦術を磨き、正確に作戦行動を起こす必要がある。

難易度エキスパートでありながらもそれにめげず!

 

ありとあらゆる知識を動員し!

 

ナンパ活動に従事しなければならない!

そう!ナンパとは、我々の存在価値の証明の為に課せられた魂の事業なのであーーる。

ナンパ道と云ふは釣り人と見つけたり!

ナンパ道と云ふは釣り人と見つけたり 古来より伝わることわざがある。

 

「ナンパ道と云ふは釣り人と見つけたり!」

 


意味は、ナンパの極意は、釣り人の中にあるという事であーる!

 

釣りをやらない人から言えば、釣りのイメージは「忍耐強く待つ」だったりしないだろうか。

 

とにかく一度釣り糸を垂らしたなら、待って待って待ち続けた上で更に待ち、アンド待つ。

 

しかし、実際は違う!

 

釣りは、当たりがなければドンドンとポイントを変えていくし、

釣りやすいポイントをチェックする

のも重要な作業となる。

 

ナンパもこれと同じだ。

 

ナンパに引っ掛かりやすい女性が多く存在する所に釣り糸を垂れなければ、釣れるものも釣れないのだ。

 

それに試行回数も重要だ!

 

たかだか数度の失敗で撤退していては、いつまで経っても釣れない。

 

それでも、一度でも性交の成功体験がある人であれば、頑張れる事も多いが、最初の数回で釣れずに諦めてしまう人がなんと多い事か。。。

 

今まで散々言ってきたことを、再度言わせてもらうが、ナンパというものは可愛かろうがブスだろうが釣れる時は釣れるし、釣れない時は釣れない。

 

いくら可愛くても、彼氏もおらず暇してれば、意外と釣れたりするし、ブスで楽勝だと思っても、人見知りするようなタイプは全然釣れなかったりするのだ!

 

要するに、、

釣れそうな所をで何度もトライしてみろ!

って事である!

 

さぁ!それらを踏まえた上で、、ナンパスポットをチェックしてみよう!

ギャルや独身女性狙いの為のナンパスポット!

 

ギャルや独身女性ナンパスポット

 

オッサンでもクラブでナンパって出来る??

オッサンがクラブでナンパする 最初は意外な所から攻めてみよう。

 

ぶっちゃけクラブとかオッサンでもいけんの??

 


って話。

 

ちなみに筆者は都内住みなので、東京のクラブについてとして参考にして欲しい。

 

まず、一つは箱による。

 

ギャルが集まりまくる箱では正直オッサンには厳しい戦いとなる。

 

が、意外と老舗の箱だったりすると客層が大きく変わって面白かったりする。

 

ギャルというよりも普通の女の子多くて普通にナンパ待ちしてるのだ!

「あれ?こんなオタクっぽい子が??」

みたいのも普通にいる。

 

しかもそういう子は逆にヤリマン度が高い。絶対狙い目。

 

また、リーマンが多く来る箱などもあり、そこではオッサンでも勝負は可能だ!

 

その辺にいる普通のOLがナンパ待ちしており、かなり手が出しやすいだろう。

 

こちらはヤリマン系もいるが、婚活代わりにしている子もチラホラ。

 

いずれにせよ、やっぱりクラブは30代までが無難と言わざるを得ない。

 

逆に30代で、クラブに行ったことないような人であれば、是非チャレンジしてみると良いだろう!

まとめ

クラブは30代までが無難。

 

場所によっては普通のOLやオタクっぽい子もいて、意外と手を出しやすいので、場所の選択こそが最大のポイントとなる!

 

女性側もナンパ待ちしている子が多いので、成功率はかなり高め。

 

金をもっているのであれば、VIP席を取ってしまうと手っ取り早いっちゃー手っ取り早い。

 

40代で狙いに行くなら、資金力を使っていくのもアリという事。

相席屋的なのはどう??

相席屋について 登場以来、爆発的に店舗を増やしつつある相席屋。

 

現在では似たようなシステムの店も増えてきている。

 

では、相席屋はどんな感じだろうか??

 

まず、女性の年齢層は20代前半辺りが多い。30以上はあまり居ない。

 

そして女性のタイプだが、

これこそ土地柄が良く出る。

ギャルが多そうな所はギャルが多く、普通の子が多そうなところは普通の子が多い。

 

非常に予想しやすい展開となっているので、狙いが付けやすいのが特徴だ!

 

あまり遅い時間は、終電逃して時間つぶししているだけの子もいるので、そういう子とマッチングされると厳しい。

 

19時~20時くらいには入店したい所だろう。

 

近年では大人向けの店もチラホラ出てきている。

まとめ

女の子の質は店舗による。

 

また入店の時間帯も重要。

 

意外と当たりもあるので、男二人でナンパしたいのであれば、選択肢に入れておくのも良いだろう。

 

ただ、コチラも30代までが無難かもしれない。

相席屋→違う店に連れ出す→ホテルに突入

このコンボを狙っていこう!

パパ活からのワンチャン?流行に乗る手もアリ!

パパ活を利用する 最大瞬間風速ではかなりの威力を発揮した「パパ活」。

 

ドラマが制作されるなど流行としては結構大きいモノで、記憶には新しい。

 

もちろん、現在でも決して下火にはなっておらず、まだまだ「パパ活」は見逃せない!

 

その一方で、どうしても「パパ活」を肯定的に捉えられない人も存在する。

 

理由は簡単。

「たかだかお茶や飯を一緒に食うだけで金を払うなど許せん!!」

というワケだ。

 

確かに、同額の金を風俗にでも払えば、ナメナメやシコシコ、ピチャピチャやニュルニュルが出来るわけで、即物的に考えれば当然な帰結がソコにある。

 

がーーしかし!

 

よくよく調べてみるとパパ活のメリットは意外と大きい。

パパ活のメリット

 

1、プライベート感が強い

 

店で管理されているのとは違うので、金銭の授受があったとしてもプレイべート感が出てくる。

 

このプレイベート感というものは意外と重要で、アルコールでも飲もうものなら、その時の気分で盛り上がってしまうこともある。

 

当然、酔いつぶれることも出てくるのだ!

 

そして性交へ・・・

 

2、出会いにくい相手と出会える

 

「パパ活」はお小遣いをあげるからこそ出会えるワケだが、目線を変えれば、普通に生きていれば出会えないような子に会えるという意味になる。

 

要するに、現状あるような出会いのツールに出てこないような子と出会うことが可能という事!

 

またルックスがそれなりに良い子が多いのもポイントだ!

「で?だからどうだっつーの??」

その通り。

 

ここで話が終わってしまえば、それはその通りなのだ。

 

しかし、ちゃんとカラクリはある。

 

実は、人間には「単純接触効果」という、接触回数が多ければ多い程、相手やモノに好感を持つという仕組みが備わっている。

 

最初は何とも思わなくとも、会う回数が多くなればなるほど、相手に好感を持ちやすいという事だ。

 

これを乱暴に言えば、「出会っちゃえすれば勝ち!」という事なのだ!ふはは!

 

通常の状態であれば、会って食事をするまでには、それまでに十分に相手と仲良くなっている必要があった。

 

しかし、そこまで仲良くなるまでには、

最低でも数度の接触が必要

となる。

 

しかし、その最初の接触が難しいのが問題!

 

また接触回数を増やしていくのも難しい問題である。

 

しかし、「パパ活」という仕組みを利用することで、互いに会う為の理由が作られる。

 

この理由がつくという点がミソで、その結果、何度も会うことが出来るようになるのだ!

 

しかしデメリットも存在する。

 

現在の「パパ活」では、

援交目的のプロの女性が参戦している

ので、プロかどうかを見極める必要は出てくる。

 

一方で、シュガーダディなどパパ活専門のツールは、しっかりと運営が効いており、上質な出会いが出来るが、その分コストは跳ね上がるので、実際に金持ちのエロ紳士じゃないと難しい。逆に言えば金持ちなら爆釣決定だが・・・。

まとめ

オッサン向けとしては、パパ活はチャンスがあるのは間違いない。

 

実際、数回会って飲んでたりすりゃ、チャンスが転がり込むこともある。

 

相手の子が特に彼氏がいないのであれば、流される場合も非常に多い!

 

特に地方から出てきたハタチ前後は狙い目。

 

贅沢を知らないので、ちょっと高い店に連れていき酒を飲ませるだけで、チャンスはかなり広がる。

 

一方、援交狙いの女性がパパ活市場を荒らし始めてるので、すんなりと相手を探すのは難しいのが難点なのが残念。

出会い系アプリも根強い!

出会い系アプリも根強い 正攻法として出会い系アプリ、サイトもまだまだ使える。

 

これらアプリを利用する上でのポイントは一つ。

諦めない心

である!

 

正直、出会える人と出会えない人との差は、ほぼここに集約される!

 

もちろん技術的なものもある。

 

良くあるプロフィールの作り方などもそうだ。

 

また、メールが交換できたとして、その後の誘い方などもある。

 

あるがしかし、やはり諦めずに何度もトライすることが出来た人は、実際に会う事が出来ると言っても過言ではない!

 

人間がどんな時にストレスを感じるかというと、終わり、ゴールが見えない作業である。

 

逆に、ゴールさえ見えていれば、意外と人間はストレスをそれほど感じることなく頑張れる。

 

出会い系で言えば、一度でも成功体験があるかどうかが重要。

 

ここがモチベーションの差として出るのだ!

 

いっその事、

「一度会うまでは諦めない!」

という気持ちで頑張ってみるのが良いかもしれない。

 

ちなみに。

 

出会い系では今でも当然のように援交、援デリ、業者の出入りはある。

 

出会い系アプリの運営自体にはサクラはいないものの、こういった邪魔者に対処するための最低限のスキルは身に着けておこう!

 

後はオッサンでもいけるのか??について。

 

これは、若い子を狙うのであれば、多少は難易度はあがる。

 

これは致し方ないだろう。

 

一方、30代以上の女性では十分に攻めていける。

 

が、その30代以上の女性はそれほど多くないので、しっかりと相手を探せるかがポイントになるだろう!

まとめ

出会い系アプリはまだまだ使える。

 

ただスグに諦めてしまうような軟弱者ではダメだ!

 

オッサンの場合は、

20後半~30代辺りを狙っていく

のが勝率はあがる。

 

登録数が少なくなる年代でもあるので、プロフィール閲覧が無料だと、コスパ的にも助かるかもしれない。

使い古された手だが、BARにもチャンスは転がっている!

BARにもチャンスは転がっている 映画や小説など、BARで男女が出会うシーンは多い。

 

それでは実際に会えるのだろうか・・・?

 

回答としては、

「ヤリマンの30代女が結構な確率で出現する!」

である。

 

が、適性や、仕込みも必要となってくるので注意が必要だ。

 

まず最初のポイントとして、酒好きでなくては難しい。

 

そうでなくては、とてもBARなんぞ行ってられないだろう。

 

酒が好きでなければ、この時点で引き返した方がいい。

 

もし貴方が酒好きなのであればチャンスありだ!

とりあえず、BARの常連になってみよう。

ちょこちょこと顔を出し、1杯飲んで、バーテンとちょっと会話して帰ればよい。

 

早めに顔を覚えられたいのであれば、最初の1か月はガンガン通うと良い。

 

その後は偶に顔を出す程度であっても、一度覚えられれば問題ない。

 

店のタイプのオススメとしては、大きな繁華街にあるような、一見さんが多い所には旨味は少ない。

 

ほどほどに常連が多く、一見も多少は顔を出す程度がベスト!

 

例えば、住宅街近くの駅にあるようなBARが無難だろう。

 

そこで我々が狙うのが、

20後半~30代の独身OL

この年代の女は彼氏が居なければ暇を持て余しているのは間違いない。

 

また、この年代の女性は酒が好きが意外と多いのだ!

 

仕事帰りや友人との食事帰りに、飲み足りない彼女たちは、自宅近くのBARで一杯飲むことがある。

 

BARならオシャレだし、バーテンと会話を楽しむことが出来るからだ。

 

カウンターに座りながら、ちょっとバーテンの手が空いた時に会話をしつつ、携帯をいじりながら飲んでいる。

 

そこを釣り上げるのだ!

 

相手も酔っていて暇な事が確定しているので、これほどナンパに適しているタイミングも無い。

 

お膳立てとしては完璧なのだ!

 

テクニックなんぞ大してないが、まずはバーテン込みで3人で飲みながら会話をする感じを取ればいいだろう。

 

バーテンにも一杯奢るのも好感触だ。

 

そうこうするうちに、バーテンは仕事があったり、他の客が来たりと、席をちょくちょく離れることになる。

自然と二人で会話するタイミングか来るわけだ。

後は口説いていけば良い。

 

もし相手の女性が、その店にちょくちょく来ていることが分かれば、焦らずにその日は紳士的に別れるのも良いかもしれない。

 

そうやって何度か顔を合わせているうちに、テンションが高い日や、泥酔な時が必ず来る。

 

そこで一気に行くのだ!

まとめ

BARでナンパは20代後半~30代の独身OL狙いでいく。年齢が上がれば上がるほど落としやすい。

 

ほどほどに常連が来るBARが狙いやすい。(住宅地近くの駅などはベストだが、要するに1人で女が飲みに来てれば良い)

 

バーテンとは顔見知りで会話する程度の仲にはなっておこう!

 

条件に合う店で一人で飲みに来る女がいた場合、チャンスは大だ!

 

スマートに行くなら、焦らずに数回は顔を合わせておきたいが、相手が泥酔気味なら一気に攻めろ!

人妻狙いのメリット!

 

人妻狙いのメリット

 

伝説の格言「一盗二婢三妓四妾五妻」とは??

一盗二婢三妓四妾五妻 諸君は、古くに「一盗二婢三妓四妾五妻」という言葉あるのをご存知だろうか?

 

簡単に説明すると・・・

最も興奮するのは、他人の妻。ビバ人妻!

 

二番目に興奮するのは、奉公人の女。要するに立場の弱い女を好き放題する。「だ、旦那様!おやめください!しくしく」的な奴。

 

三番目に興奮するのは、遊女。こちらは風俗嬢というよりも、銀座のクラブの女って感じに近い。

 

四番目に興奮するのは、愛人。そのまんま、愛人。

で、、、最も興奮しないのは、自分の妻。

 

まぁわかるけどヒドすぎる(笑)

 

っとなる。

 

諸君は、この禍々しい漢字10文字についてどう思っただろうか?

 

これはまさに、男の欲望を赤裸々に語っており、鬼畜を一気に通り越した挙句、無駄に昇華され、もはや春の風すら感じさせる清々しさ。いや、神々しさすら感じる程だ(笑)

 

そう!オッサンが人妻を求めるのは本能的なものなのだ!わほーい!

なぜプロのナンパ師にとって人妻は人気が高いのか?・・・答えはヤリマンが多いからです(笑)

なぜプロのナンパ師にとって人妻は人気が高いのか そもそも、女性の性欲は30代半ばに頂点を迎えるをご存じだろうか?

 

 

そもそも、

女性の性欲は30代半ばに頂点を迎える

をご存じだろうか?

 

色々諸説があるものの、事実、その傾向が明らかに見て取れるので、間違いないだろう。

 

セックスレスなどや出産時の性欲減退などにより、膨張した性欲には本人も気が付いていないケースが多いものの、一度やってしまえばこっちのモノである。

 

彼女たちはアッサリと覚醒することになる。

 

また、性感帯も程よく開発されていることもあり、この時期に初めて中イキを手にする女性も珍しくない。

 

それらの結果、30代女性はセックスへのモチベーションが異常に高くなる。

 

まさに盛りのついた猫の如くだ。四六時中、諸君の身体を求めることになるのも珍しくない。

「デートとか良いから、とりあえずホテルいってエッチしたい・・。」

こう言い放つ女性が非常に多くなる。

 

そう!この期についに、男と女の性への取り組み方が一致するのだ!(遥か昔から男はそうだったけどな!煩わしいことは良いんだよ!とりあえずやろうよ!って思ってんだよ。)

 

一言で切り捨ててしまえば、要するにヤリマン化する。

 

当然、プレイもエロく濃密なプレイが楽しめるので、我々のテンションもうなぎ上りだ!

 

それに加え、既婚だけに女性特有の面倒さは無く(無駄に会いたがる、連絡を取りたがる、結婚を迫ってくる等)、非常に理想的なセックスフレンドになってくれることは間違いないだろう。

 

また、先ほどあったように、

「一盗」というスパイスも非常に効果的

なのは否めない!

 

旦那から奪うという感覚は、承認欲求を強く刺激するのは間違いなく、性欲と承認欲が織りなす背徳セックスは、激しい快感を与えてくれるワケだ。

 

大人のエロにはこういった味付けは大事なのである!

 

このように人妻とのセックスは、利点だけが延々と続く状態。

 

そりゃ人気も出るって話なのだ。

人妻に会いたくて会いたくて震える!

人妻に会いたくて会いたくて震える わかる。わかるぞ!前置きはこれで終わり!

 

それでは、最も重要な点である

「人妻とどこで会えるか?」

についてだ!

 

一般的な人妻で、男女の関係に発展しやすいのは、

  • セックスレスで旦那との関係が良好ではない場合
  • 暇な時間が多い場合

この二点である。

 

正直な話、この二つのいずれかの因子を持っているってだけで、口説くのは圧倒的に容易いし、二つ両方持っている場合は超楽勝である!

 

しかも、この二つを持っている人が決して少なくない。

 

要するに、人妻というだけで適当に口説けば、ポンポン落ちるという事だ。

 

いやマジで。

 

更に言えば、少し前「※イケメンに限る」なんて言葉が流行っていたが、むしろルックスにウルサイのは男の方。

 

若い女性はどうしても選ぶ立場という事もあるので、ルックスの影響も強いが、人妻になってしまうと選ぶ立場からは転落しているので、男性側のルックスにそれほど影響されない。

 

要するに、

オッサンだろうが、ブス男だろうが、人妻ならなんとかなる!

という事なのだ。

 

従って、ポイントとなるのは「出会い」の1点のみ。

 

出会えさえすれば勝てる!

 

というワケで、順番に紹介していこう。

人妻狙いの為のナンパスポット!

盲点??人妻のゲーム率は非常に高い!

人妻のゲーム率は非常に高い トップバッターはゲームだ。

 

意外と知らない人も多いが、

人妻や主婦のゲーム率は非常に高い!

というか、すでに女性のゲームプレイ率自体がかなり高いと言ってよい。

 

ゲームに馴染みの少ない女性たちにとって、簡単に始めやすいのはパズルゲームようで、近年ではキャラクターをディズニーにした「ツムツム」は爆発的なヒットを飛ばしており、そのプレイヤーの多くは女性になっているようだ。

 

取っ掛かりとしてパズルゲームを選択しても、その一部は他のゲームタイトルに向かっていく。

 

パズルゲームのように個人だけで楽しむだけではなく、他のプレイヤーとチャット等で繋がりながら遊ぶゲームに手を出す。

 

そこである!そこが釣り場で言えば、そこが爆釣スポットだ!

 

その「他のプレイヤーとチャット等で繋がるゲーム」に釣り糸を垂れる事が大事なのだ!

 

婚活サイトもそうだし、一部の恋活アプリもそうだが、

趣味をベースにして、男女に共通の話題を持たせて仲良くさせる

という方式を取っているケースは多い。

 

そしてこれは非常に有効なのだ!

 

そもそも女性を口説く上で最大の問題は警戒心であり、それは会話をすればするほど減っていく。

 

であれば、まずは会話をしたいところだが、その取っ掛かりである会話が、非モテやオッサンではステージに上がる前に終わってしまう事もしばしば。

 

一方、ゲームであれば、表に出てるのは自分の操作するキャラクターでしかなく、

ルックスによるアドバンテージは無い。

 

しかもゲームの設計上、他のプレイヤーとの会話を必要とさせているので、難なく会話がスタートする。

 

しかもその会話の内容は基本的にはゲームの内容である事が多いので、ゲームさえやっていれば、自然と会話は盛り上がる。

 

そして、、、後はわかるな?(笑)

 

未だにやったこと無い人間であれば、

「そんなうまくいくかよー??」

っと思うかもしれない。

 

が、実際にゲームで出会い、そして・・・というケースは後を絶たない。

 

しかも興味深いのが、意外と

可愛い子がオタク的な男性とくっついているケースが多い

事だ。

 

それは、今まで述べてきたことの傍証どころか、完全なる証拠と言っていい。

 

いや、ほんと、面白いようにくっついてるから驚きである。

 

つい最近も、ある専業主婦が、すでにゲーム内で3人目の男と出来ているという話を聞いた。

 

その女性は関東住みだが、相手の男は静岡らしくそれなりに長距離。

 

それでも互いに予定を合わせて密会を楽しんでいるようだ。

 

別にヤリマンな女性では無かったが、結婚をして他の男性と会話することすらあまり無かったようで、その反動もあったのだろう。

 

現在では狂い咲きしているようだ(笑)

まとめ

ゲームタイトルによるが、プレイヤーの女性は20~45くらいまでの女性。

 

予想に反して意外と年齢層が高く、その理由は主婦や30代独身女性が無駄に時間があるから。

 

重要なポイントはタイトル選びなので、オススメを伝えたい所だが、残念ながら時期と共に変化してしまう(新しいタイトルが出たり、飽きられたり)ので、伝えないでおく。

「協力プレイ」「チャットを楽しめる」「MMORPG」「スマホ」

辺りで検索すると、目当てのタイトルを探せるかもしれない。

 

もちろん、PCやプレステなどでも同タイプのゲームがあり、ソチラでも構わない。

 

出会いに発展するまでに時間が少々かかるのが難点か?

 

流れとしてはゲームを楽しみつつフレンドを作る。

 

その中で女性プレイヤーがいれば徐々に仲良くなっていく。

 

早ければ、

3か月から半年で出会いやオフ会に発展する

だろう。

 

もう一つの難点は、住んでいるところが離れすぎている場合がある事。

 

例えば、東京と福岡だと会うこと自体が難しい。

 

事前にどこに住んでいるかはチェックしておくのが良いだろう。

 

そういう意味ではやはり関東住みが有利となる。

テレクラやツーショットダイヤルは人妻狙いには避けて通れない道だ!

テレクラやツーショットダイヤル 当サイトでも紹介しているツーショットダイヤルだが、人妻や熟女、シングルマザー狙いとなると、何かと有効な手段となっている。

 

ツーショットダイヤルを知らない人の為に簡単に説明すると、テレクラのスマホ版だと考えればいい。

 

電話をすれば、どこぞの女性に繋がるというだけの簡単なシステムだ。

 

ただ、初心者には意外と難しいようなので、重要なポイントを解説していこう!

 

まず、ツーショットダイヤルの店舗(ネット上だが)自体はいくつもある。

 

が、それぞれ特色がある事を覚えておかねばならないのだ。

 

特に複雑にしているのが、テレフォンセックスの問題がある。

 

実はツーショットダイヤルでは、

テレフォンセックスを楽しむ人用と、ナンパ用

がある。

 

その二つの両方を満たすものもある。

 

そこで、ナンパ(とにかく、出会って即マンを目指す)がしたいのであれば、そのニーズに合致するツーショットダイヤルをチョイスする必要があるのだ。

 

ここで大きくミスをすると、テレフォンセックスを目的とした女性ばかりとマッチングすることになり、目的が達成できずに終わる事も多々ある。

 

この辺りが、ツーショットダイヤルで失敗してしまうポイントだろう。

 

実はテレフォンセックスは

女性にとって風俗みたいなもので、

女性からの人気は非常に高い。

 

その為に、テレフォンセックス目当ての女性は後を絶たないのだ。

 

男性がオナニーのオカズにするのであれば、色々とネタはあるが、女性はテレフォンセックスが格好のオカズとなるという事だ。

 

テレフォンセックス目当ての男性であれば、それでいい。むしろ天国。

 

が、ナンパということであれば、そういった女性は回避していく必要が出てくる。

 

その点をしっかりと踏まえておけば、

人妻や独身熟女との出会い率は非常に高くなる。

多少の慣れが必要である者の、かなり使えるツールとなるので覚えておくのが良いだろう!

まとめ

ツーショットダイヤルはどこを選択するかが重要!

 

ナンパに強い所を選んでいく必要がある。

 

特に地域ごとにセンターを分けている所は、ナンパ向けのコンセプトなので、ナンパ待ちの人妻や熟女にあたりやすい。

 

初心者であればオススメは、

この辺りだろう。

 

コールが繋がったら、早めに相手の目的を聞いておくと、無駄な時間を省ける。

 

大手は、女性からのコールが殺到しているので、バンバン相手を変えても問題ない。

 

目的の合う女性を如何にスピーディーに見つけるかがポイントになるだろう!

 

注意が必要なのは、援交目的の女性だ。

 

正直、上玉がいることも多いので、

「まぁ今日はそれでいいか・・・。」

っとなってしまうこともある。

 

しかし!それではナンパとは言えんぞ!!

 

妥協せずにちゃんと探していこう!(笑)

ヤリマンな人妻に会うために、SNSの利用は有効! だが・・

SNSを使った人妻ナンパ 人妻の行動範囲は異常に狭い!

 

特に子供がいる場合は、接点を作るのは非常に難しい。

 

同様に、彼女たちも男との接点の無さに悩んでいたりする。

 

決して一方通行ではないわけだ。

 

そんな中、SNSに手を出すのは良くあるパターン!

 

暇を持て余したり、誰かと繋がりが欲しくなり、

Facebookやインスタに手を出すのは王道。

が、そこから出会いに発展させるのは、それなりに苦労する。

 

一番良いのは、友人まで行かなくとも知人レベルであること。

 

その場合は、ただ知人というだけでも、会話が十分に弾む可能性が高い!そこから恋愛(男からしたらセフレだったり)に発展するケースはかなり多いのだ。

 

その為、これらのSNSに手を出していないのであれば、一度アカウントを作ってみて、ざっとチェックを入れてみるのも良い。

 

自分の条件に合う女性を見つけることが出来るかもしれない。

 

ただし、子持ち人妻やシンママの場合は、口説き落としやすい代わりに、

時間が限られるのが問題!

 

平日の日中に時間が取れるかどうか?

 

ここが最大のポイントとなるだろう。

 

ちなみに住宅街近くにあるラブホ、その平日の利用は人妻とセフレ関係を持つ男の利用で一杯だ。

 

特に子どもが小学生になっている場合は、午後の授業の後を学童に行かせることで、10時~17時に大きく時間を作る事が出来る。

 

その時間に情事を重ねるのがお決まりになっている。

まとめ

SNSの巨人、facebook、インスタは有効。

 

だが、「知人」というアドバンテージが無いとなかなか厳しい。

 

もちろんチャンスが無いわけじゃないが時間がかかるのが厳しい。

 

そもそもSNSを楽しんでいるのなら良いが、人妻を釣る為にだけというのであれば、そこまでじっくりとやり切れるか?というのが問題となる。

 

ただ、とりあえずやってみる価値は大いにある!

 


PAGE TOP