MENU

 

メニュー

 

社会的地位を失うセクハラやパワハラもエロ電話なら気軽に楽しめる!

一般社会で男性が女性に対してセクハラやパワハラを行えば、確実に女性達から目の敵にされますよね?

 

特に、セクハラは世界的にもタブー視され始めており、セクハラが原因で一気に社会的地位を失う者も少なくないです。

 

セクハラやパワハラが許されるエロ電話の世界

 

例えば、アメリカ発の世界的なアパレルブランドである「アメリカン・アパレル」。この会社の創業者であり元CEOであったダブ・チャーニーは、何と商品画像に自社の女性社員を使いオッパイとアンダーヘアーが丸出しの写真を使ったのです。

 

その結果、この会社の株価は上がりアパレル業界に衝撃を与え、一時期は宣伝効果になったのですが、これらの行為がセクハラと断定されCEOを解任されてしまいました。

 

日本で有名な所をあげると「みのもんた」が司会を務めていた「朝ズバッ!」生放送中のCM明けに女子アナウンサーの吉田明世アナの尻に手を伸ばした動きが一部始終テレビで放送され見事に大炎上となった。その結果、みのもんたは番組を降板する結果となる。

 

セクハラの度合いが酷過ぎる場合

は、猥褻行為や強姦に該当する場合もあり、警察に逮捕されて刑務所暮らしなんて人生を送る者もいる。

 

また、現状では女からの男に対するセクハラに関しては、社会的に許されている面があるだろう。

 

むしろ、ドM男にとってはご褒美と感じるだろうし・・・

 

この辺りに関しては、は男と女の性の仕組みや歴史的な男女の関係性などが複雑に関係して来ているので、男女平等とはなかなかいかないようにも思える。

 

とにかく、男が女にセクハラするのは、現代社会では自殺行為だろう。

 

しかし!実はあるのだ・・・

男が女にセクハラ・パラハラする行為が許される世界

が1つだけ!

 

それこそが、当サイトのテーマでもあるエロ電話プレイなのだ。

 

ツーショットダイヤルにはドM女がセクハラ待ちしている

 

嘘だろ?と思う方もいるかもしれないが、これは事実だ。エロ電話の世界は積極的に男からセクハラやパワハラされたいと思うドM女がゴロゴロしているのだ。もちろん、エロ電話なので肉体的な接触は一切無い。だからこそ、女は非日常的な経験をエロ電話に求めるのかもしれない。

 

ツーショットダイヤル番組は、そんなセクハラやパワハラで下半身が濡れてしまうようなド変態M女達と気軽に電話を繋げてくれるコンテンツという側面を持っている。

 

当サイトでも大々的に紹介しているが、その中でも特に

エロ電話・SM・アブノーマルに特化したツーショット番組

は、セクハラやパワハラウェルカム状態の淫乱M女ばかりが電話待ちしている。

 

エロ電話に特化した番組ならラブコール系列のミルクが最高峰だろう。ラブコールは番組コンセプト自体がTELSEX専科をコンセプトにしているので、殆ど100%の確率でエロ電話を求めている女に電話を転送してくれる。

 

その中から、選りすぐりのM女を見つけ出して言葉責めやストーリープレイなどを駆使してセクハラやパワハラエロ電話を楽しめばよい。

 

スイートコールも番組の音声プレイ専門のコーナーとして「イメクラコーナー」が用意されている。スイートコールは基本的に出会いやセフレが気軽に探せるテレクラ型のツーショットダイヤルだが、このイメクラコーナーに限ってはエロ電話好きの女性達のみに電話が繋がる仕組みとなっている。

 

また、イメクラコーナーは文字通りイメージプレイ好きな女が多いので、セクハラ設定に最適な

ブラック会社社長が行う新人社員OLへの肉体研修

 

仕事でミスした同僚女性をセックスを条件にかばう設定

など興奮度の高いセクハラ設定をストーリーに落とし込んで楽しみたい。

 

また、SMやマニア系ツーショットダイヤル番組もセクハラやパワハラを取り入れたエロ電話に最適だ。

 

理由はシンプルで、女達の殆どがドS女がドM女に偏っているからだ。

 

セクハラやパワハラは相手がドM女だからこそ成り立つプレイ。だからこそ番組探しの方法として

ドM女が多いSM・マニア系ツーショットダイヤルを利用する

意味はかなり大きいと言える。

 

また、例外としてSMツーショット番組はドSである女王様や痴女が多いのも特徴。なので、逆にドM男の方は女性からの逆セクハラや逆パワハラをエロ電話プレイとして楽しむ事も可能だろう。

 

SM系のツーショットダイヤルで有名な番組といえば、当サイトでも紹介している「SMスナイパー」と「エクスタシークラブ」が大手の番組だと言えるだろう。どちらの番組もドM女性と気軽に電話が繋がるので、直ぐにセクハラやパワハラを取り入れたエロ電話が楽しめる。

 

変態・マニア系のツーショットダイヤルに関しては「名人倶楽部」「マニアックス」この辺りが定番だろう。名人倶楽部は「変態をコンセプト」にしたエロ電話専門のツーショット番組なので、かなり鬼畜でアブノーマルなプレイでも普通に受け入れてくれる女性がゴロゴロしている。

 

マニアックスに関しては、何と音声通話プレイに加えてスマホ対応ライブチャットとしても使えるので、相手の女性の顔や裸体を見ながらセクハラやパワハラを楽しむことが可能だ。

 


PAGE TOP